最終戦まであと7日!

 

 最終戦まで、残り1週間となりました。

 

 本日のブログは、後輩思いで、チームからの信頼が厚い庄司治樹(4回生 #50 OL/LB)と、ムードメーカーで、常にチームを盛り上げてきた野崎玄馬(4回生 #97 TE/LB)が担当します。

 


 

 いつも多大なご支援、ご協力をありがとうございます。4回生の庄司治樹です。
高校のポジションからOL/ILBに共に転向し、4年間うまくいかないことも多かったですが、その度に試行錯誤して挑戦することが好きでした。これまで楽しくアメフトができたのも、同期や先輩、後輩、スタッフ、コーチの方々の支えのおかげです。今年は「ALL OUT」のスローガンの下、新体制がスタートしてからリーダーを務めていない最上回生の自分にできることは何かを考え、オフェンス・ディフェンス・キッキング全てに積極的に関わり、自分なりに限られた知恵をチームに共有して強くすることに努めてきました。「考えるアメフト」にこだわり、個々に合った勝ち方を見つけてチームメイトとコミュニケーションをとることで、一人一人がどうしたら勝てるかをしっかり考えられるチームに成長したと思っています。

 

 次の京都産業大学戦は魂のドライブと鉄壁の守りで勝利を掴み取ります。熱いご声援よろしくお願いします。

 

【4回生 #50 OL/LB 庄司治樹】

 

 


 

 いつも暖かいご声援ありがとうございます。4回生の野崎玄馬です。
 

 新チームになってから「一部昇格」という目標を掲げ、我々最上回生の中でも一部に行くことの難しさや、到達するためにするべきことなどをかなり長い時間をかけて話し合ってきました。自分自身もより一層アメリカンフットボールに時間を捧ぐようになり、より楽しさを感じていました。しかし、新型コロナウイルスの影響もあり今シーズンの入れ替え戦の中止が決まり、チームがどの道を進むのか定まらない時期がありました。ここで改めて当たり前のように練習が出来ることがどれほど幸せかを痛感しました。しかし、ここで悔やんでいても仕方がありません。一部昇格という目標は途絶えてしまいましたが、大好きなアメリカンフットボールが出来ることには変わりありません。こんな状況の中で例年とほぼ変わらない試合が出来ること非常に嬉しく思います。

 

 スローガンにもありますように、主将が伝えた「どんな状況でもAll OUTする」を胸に、スタッフの存在や練習環境、チームメイト全てに感謝をし、残り1試合全力で望みます。

 

【4回生 #97 TE/LB 野崎玄馬】

 

 


 

 庄司は、後輩思いで、常に周りを気にかけており、チームからの信頼が最も厚い選手です。高校から培ったスキルと、温厚な性格からは想像もつかないパワフルなプレーで相手を圧倒します。

 野崎はなんといってもチームの盛り上げ役です。明るい性格で、いつもチームの中心で、周りを鼓舞しています。彼のアグレッシブでダイナミックなプレーにご注目ください。

 チームの兄貴分であり、オフェンス・ディフェンス共にキープレイヤーとしてドラゴンズを牽引する2人の活躍にご期待ください。

 

 

文責 4回生アナライジングスタッフ 細川由梨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA