最終戦まであと4日!

 

 最終戦まで、いよいよあと4日となりました。

 

 本日のブログは、2年を懸け、キッキングを洗練してきた杉本涼(4回生 #11 WR/DB)と、ODK全てで活躍するパントリーダーの籔内友裕(4回生 #40 RB/LB)が担当します。

 


 

 日頃からドラゴンズへの暖かいご支援、ご声援ありがとうございます。4回生キッキングリーダーの杉本涼です。
 2020年度ドラゴンズは一部昇格という目標を掲げ始動しましたがその目標には挑戦することすら叶いませんでした。しかし不幸中の幸いにも入替戦はありませんが試合ができることになり、様々な制限に苦しみながらも2試合を戦ってきました。結果は一勝一敗。勝っても負けても次が最後の最後。こんな苦しい一年を支えて下さった全ての方々に感謝を込めて最後の一勝をお見せします。

 個人としては昨年度よりキッキングサブリーダー、今年度はキッキングリーダーとして2年間チームの中核に立ってきました。チームの勝敗に直接的に関わるという重責はありますが、自分がチームのプレーメイクをするということを経験し、他とは違ったフットボールの面白みを感じてきました。一部昇格に向けて最前線で戦うことができなかったことは残念ですが、2年間言い続けた「キッキングで流れを変える」を体現するビッグプレーを必ず成功させ、集大成としたいと思っております。

 

 4年間のアメフト生活最後の試合。尊敬する先輩方がそこで見た景色がどんなものか私も見てきます。会場にはお越し頂けませんが中継等ご覧頂き、熱いご声援をよろしくお願い致します。

 

【4回生 #11 WR/DB 杉本涼】

 

 


 

 日頃からDRAGONSへのたくさんのご支援ご声援ありがとうございます。
 今年度パントリーダーを務めております籔内友裕です。今シーズンは一部昇格を目標として日々の練習に励んでまいりましたが、新型コロナウイルスの影響で入れ替え戦がなくなったため、一部昇格という目標を見失ってしまいました。練習でも、接触の制限などがあり、もどかしい思いをする場面が多くありました。しかし、今年のスローガンである「ALL OUT」を胸に刻み、部員一同前を向いてシーズン開幕までたどり着くことができました。初戦の龍谷大学戦では1点も取れず、自分達の力の無さを痛感しました。そして、次戦は最終戦となります。昨年の雪辱を果たすべく、1プレー1プレー相手に全力でぶつかり、勝利を掴みに行きます。

 

【4回生 #40 RB/LB 籔内友裕】

 

 


 

 杉本は3回生の時からキッキングのサブリーダーを務め、時には苦しみながらも、キッキングの戦術を磨いてきました。その努力から、キッキングに対する熱い思いは誰にも負けません。誰よりも勝利にこだわる彼の、泥臭く獰猛なタックルにご注目下さい。

 籔内はODK全てで活躍するユーティリティプレイヤーです。1回生の時からパワーもスピードもスキルも確実に積み上げ、チームにとって大きな影響力を持つ選手となりました。先輩の背中に憧れを持ち、努力を積み重ねてきた彼も、4回生となった今では、背中で後輩を引っ張る頼もしい選手です。

 2人が洗練してきた、チームにとって苦しい状況で流れを変えるキッキングに是非ご注目下さい。

 

【最終戦 試合インフォメーション】

日時■2020年11月21日(土)

対戦相手■京都産業大学 SAGITTARIUS

会場■宝ヶ池球技場

スタンド■メインスタンド

Kick Off■11:00

 

 

文責 4回生アナライジングスタッフ 細川由梨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA