龍谷大学戦を終えて

本日行われた龍谷大学との試合は3-13で敗戦いたしました。
この試合を持ちまして、2013年度のリーグ戦は終了です。
応援に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
DRAGONS史上初のDiv.1での戦いは全敗という結果に終わりました。
本日の龍谷戦、前節の神大戦は特に悔しさの残るものになりました。
一プレーの大切さ、一つのミスが流れを変えるということを思い知らされ続けてきました。
このままシーズンを終えるわけにはいきません。
必ずDiv.1に残留し、来年もDiv.1で戦い、勝ってもらわないといけません。
負け続けているとはいえ、チームはいい雰囲気になってきています。
一人ひとりの勝利に対する熱い思いが溢れています。
すでにわれわれは2週間後に控えた入れ替え戦に向けて動き出しています。
対戦相手は一昨年、昨年と同様の同志社大学です。
相手の気合も並々ならないものだと思いますが、われわれは負けるわけにはいきません。
絶対に勝ちます。
入れ替え戦での、応援よろしくお願いします。
文責 4回生マネージャー 河西沙織

龍谷大学戦を終えて” に対して4件のコメントがあります。

  1. 吉武 裕之 より:

    龍谷戦、お疲れさまでした。
    とても悔しい結果に終わりましたが、勝利へのこだわりが感じられたナイスゲームでした。
    しかし次戦はナイスゲームでは済まされません。何が何でも勝たなければなりません。
    今さらながら同志社は難敵です。
    今度こそ4年生にとっては引退試合になります。しかし、もう1試合戦って勝つチャンスを与えられたんだ、という風にポジティブに考えてください。
    シーズン最後の1勝を挙げれば来季につながります。
    2週間、怪我のないように万全の準備をしてください。
    龍谷戦後、泣いているマネージャーをお見かけしましたが、泣いている暇はありません。戦うのは選手だけではなく、スタッフも一丸となっての総力戦でなければなりません。
    頑張ってください。

  2. 管理人 より:

    吉武様
    いつも温かい励ましの言葉、そして応援のメッセージありがとうございます!
    次戦は、勝って泣けるよう全力を尽くしたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  3. 吉武 裕之 より:

    昨日長居で関学や関大の友人に出会い、今シーズン最も印象に残ったチームとして大教の名を挙げて異口同音に「大教はいいチームだ。1部に残ればもっと強くなる資質がある。」と話していました。
    入れ替え戦は厳しい試合になると思いますが、自信を持って、これまでの取り組みの集大成を見せてください。
    来季もDiv.1のステージで皆さんに声援を送れることを期待しています。

  4. 吉武様 より:

    多数の方から認めていただくことは大変嬉しいです。
    「いいチーム」だけでなく「強いチーム」にもなれるように頑張ってまいります。
    まずは入替戦の勝利を目指します。
    いつも温かい応援、本当にありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA