小学校でフラッグフット支援!

今日は、OBの林優也さん(2012年度卒)が勤務されている芦屋市立精道小学校に、
フラッグフットボールを教えに行かせていただきました!
はじめに、選手が本物のアメフトのプレーをを子どもたちに披露しました。
パスが通った時やタッチダウンをとった時には歓声が沸き、「かっこいい!」という声がたくさん聞こえました。

次に、ウォーミングアップで鬼ごっこをした後、班に分かれてフラッグフットを子どもたちに教えました。
子どもたちを楽しませながら分かりやすく指導をする選手たちの姿を見て、やはり流石は教師のたまごだと思いました。
授業の後半では、班対抗の試合が行われ、子どもたちの練習の成果を見ることができました。
雪が降るほど寒さが厳しかったですが、半そで半ズボンで元気に走り回る子どもたちと一緒に体を動かすことで寒さが吹き飛び、
我々も童心に帰りフラッグフットを楽しませていただきました!
林さん、精道小学校の皆さん、ありがとうございました!!

文責 新4回生マネージャー 友渕可菜
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA