力強いプレーでチームを守る、内ケ島康佑の秋シーズン

こんばんは!大阪教育大学DRAGONSです。
 本日は、ディフェンスリーダーとしてチームの核を担う、内ケ島康佑(RB/DB、#21)にインタビューを行いました!
どうぞご覧ください!

―――今年の秋シーズンにおいて目標を聞かせてください。
「高校1年生の時からアメフトをしているので、7年間の集大成を見せつけ、総てにおいて凌駕することです。」
―――DB(ディフェンスバック)の一番の魅力はどのような点だと思いますか? 「狙いを澄ませて、ここぞというときにターンオーバーをし、チームの流れを変えられるところです。」
―――内ケ島選手のイチオシ選手を教えてください! 「4回生の岸下大岳(OL/DL、#72)です!Mr.省エネのOLが4年の歳月を経て、暴れる姿を是非ご覧ください。」
内ケ島選手は、アメフトをこよなく愛し、常にアメフトについて考えを巡らせている姿が印象的な選手です。
その姿勢は「勝利への執着」に表れており、試合時には流れを変えてチームに勢いをもたらしています。
大きなアメフト愛でチームを守る、内ケ島康佑の姿にご注目ください!
文責 4回生マネージャー 友渕可菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA