脚力で魅せる東祐輝、センスが光る三浦蓮の秋シーズン

こんばんは!
大阪教育大学DRAGONSです!
本日は2回生の東祐輝(RB/DB #28)と、同じく2回生の三浦蓮(RB/LB #10)への部員インタビューをお届けしたいと思います。
同じRBとして切磋琢磨しあう彼らの、それぞれの思いをご覧下さい!
◎東祐輝へのインタビュー
ーーー自分の持ち味は何だと思いますか?
「陸上で鍛えたスピードと負けたくないという気持ちだと思います。」
ーーーチームの好きなところはどこですか?
「練習中は厳しいですが、それ以外は楽しく過ごせる、オンオフがきっちりしている所です。」
ーーーイチオシ選手を教えてください!
「玉田潤(RB/LB #23)と藤井涼介(RB/LB #33)です。一回生ながら、練習中に存在感のある動きを見せてくれるので、今後の活躍が期待できると思います。」
◎三浦蓮へのインタビュー
ーーーアメフトをしていて、やりがいを感じるのはいつですか?
「試合で自分の役割を果たせた時です。」
ーーー三浦選手のポジションであるRBの魅力はどこだと考えますか?
「圧倒的なスピード、タックルされても倒れないボディーバランス、空いてる走路を一瞬で見つける判断力、相手を恐れない勇敢さ、どれ一つ欠けてはいけないところだと思います。」
ーーー試合中、ぜひ注目してほしいところを教えてください!
「2回生の川島大輝(OL/DL #76)のパスプロに注目してください。彼は、いつもアメフトのことを考えながら過ごしています。そこから生まれたストイックさが、試合の流れを変えてくれると信じています。」
次節の兵庫県立大学戦が近付く中、限られた時間を無駄にしないよう懸命に練習する選手の様子を見ると、
マネージャーも負けずに気を引き締めて、精一杯のことをしようという気持ちになります。
試合会場の内外問わず、様々な形で応援して下さる皆様の気持ちが我々の力になります。
是非、DRAGONSと一緒に熱い時間を過ごしましょう!
応援よろしくお願い致します!
文責 3回生マネージャー 松村璃奈
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA