兵庫県立大学戦を終えて

【試合結果】
大阪教育大学 0|14|7|7||28​
兵庫県立大学 3|0|0|6||9
昨日の兵庫県立大学との試合は、28-9で大阪教育大学が勝利いたしました。
応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。
​今回は、4年間で培った実力を見せた4回生や、フレッシュな1回生の活躍が目立つ試合となりました。
​しかし、我々が果たすべき目標として掲げていたスコアには到底及ばない結果となってしまいました。
選手・スタッフともにしっかり反省し、今後の練習で課題をつぶして参ります。

さて、ここで、今回3タッチダウンを獲得した三浦蓮(RB/LB、#10)に、今回の試合の感想と今後の目標をインタビューいたしました。
「前節では不甲斐ないプレーをしてしまったので、今回の試合では思い切ってプレーすることを意識しました。そのことが、良い結果に繋がったと思います。先輩方の存在が心強く、気を楽にして挑めた試合でした。今後の目標は、もっとアメフトと向き合い、チームに信頼され、どんな状況でもプレーでチームを引っ張ることができる選手になることです。」
今回の試合をもちまして、大阪教育大学のリーグ戦は終了となります。
温かい応援をくださった皆様には、心より感謝申し上げます。
 
ありがとうございました。
​​​​
我々のリーグ順位は、再来週10月31日(土)の第5節の結果により確定いたします。
順位が確定するまでに残された2週間で、全員が自分のすべきことを考え、実行して参りたいと思います。
わずかであっても、Div.1昇格の可能性が残っている限り、最後まで諦めずに邁進いたします。
皆様、最後まで応援よろしくお願いいたします。
文責​ 4回生マネージャー 友渕可菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA