ディフェンスリーダーへインタビュー

昨日の西日本学生大会 順位決定戦(神戸大学vs.大阪大学)の試合結果により、5月21日(日)西日本学生大会 決勝の対戦相手が神戸大学に決定いたしました。
そこで次戦を1週間後に控える今、今年度ディフェンスリーダーを務める小林源平(4回生)にインタビューを行いました。
最上回生として、またリーダーとしての意識溢れる彼のコメントをご覧下さい。
---------------------------------------------------------------
―4回生として今年にかける思いを教えてください。
DRAGONSでアメフトが出来る、最後の年になりました。僕が今までに見てきた4回生の姿はとてもカッコよく鮮明に覚えています。そんな先輩方でも「一部昇格」は果たせませんでした。お世話になった先輩方の思いも背負い、「一部昇格」を果たしたいと思います。
―ディフェンスリーダーとしての意気込みをお願いします。
今年のDRAGONSにはスター選手がいないので、全てのポジションが連動し、全員で相手を圧倒したいと思います。またディフェンスリーダーとして、ディフェンスを引っ張るのはもちろんですが、チーム全体を引っ張っていけるよう頑張りたいと思います。
―チームに4年間携わる中で感じる、DRAGONSの魅力を教えてください。
チーム全員が同じ目標に向かい、時には楽しく、時には厳しく、切磋琢磨して成長し合える所がいいところだと思います。
―対戦中の見どころを教えてください。
「またこいつかよ」と思うほど、どこにでも現れる9番にご注目下さい。

---------------------------------------------------------------
いかがでしたでしょうか?
今年のディフェンスは彼が引っ張り、一つにまとめあげます。守り勝ち抜くという情熱もまた、彼を筆頭に日々ディフェンスメンバーから伝わってきています。
今後も変化し続けるであろうディフェンスプレーにも是非注目ください。
次戦、5月21日(日) 17:00K.O. @EXPO FLASH FIELD
皆様からのご声援を心よりお待ちしております。
文責 4回生マネージャー 宮本夏希

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA