入替戦まであと7日!曽根日菜子からのメッセージ!

平素より、多大なるご支援とご声援をいただき誠にありがとうございます。

 

最終戦まで、あと7日です。

 

本日は、ディフェンスアナライジングスタッフの曽根日菜子(4回生)です。

 


 

いつも温かいご支援、ご声援をいただきありがとうございます。今年度副務を務めておりますASの曽根日菜子です。まずは、多くの方々のご支援のおかげで、最後までアメリカンフットボールを楽しめる環境をいただけたこと、大変ありがたく思います。

私は、今年度ASリーダーを務めました。回生関係なく、互いに切磋琢磨できる自慢の同期、後輩達に恵まれ、 この代で、ASができたことが最大の自慢です。特に、同期の鶴田と谷山とは、家族以上の時間を過ごしましたが、2人が同期で良かったと心底思います。もう残りわずかだと思うと、寂しいです。今年のASは、改革の年でした。この1年で、 ASを取り巻く環境は大きく変わり、 ASユニットは、今までにないレベルアップを遂げています。 AS一同、最後までサイドラインで戦い抜き、必ず勝利して今年のASを締めくくります。

また、個人としては、ディフェンスASの在り方に拘った1年でした。挑戦と試行錯誤を繰り返し、今のディフェンスASがあります。この過程で、 ASに真摯に向き合ってくださったディフェンスコーディネーターの石垣さんをはじめ、コーチの方々、リーダーの須田、一緒に最前線で戦い続けてくれた3回生の各パートリーダー陣には、本当に感謝しています。また何より、蒼唯、侑衣子、彩里の3人が一緒に向き合い続けてくれた事、本当にありがたく思います。秋初戦前の、"やってきたから、大丈夫です"の3人の言葉は本当に逞しく、支えられました。試合を重ねる中で私たちは着実に立場を確立し、今では、新チームが始動した時に自分が思い描いていた姿よりも、高みを目指しているディフェンスASが誇りです。最終戦までまだまだ止まらず、いけるところまで集大成を築き上げ、みんなと最高の瞬間を一緒に迎えます。

ドラゴンズで過ごした4年間は、とても濃く、振り返ればあっという間でした。最終戦、須田と可愛くて頼りになる後輩達と、築き上げてきたディフェンスユニットで相手を圧倒します。必ず勝って、来年にバトンを渡します。最後までご声援の程、よろしくお願いいたします。

曽根は今年度ディフェンスアナライジングスタッフとしても副務としても活躍してくれました。

後輩アナライジングスタッフに対して真摯に向き合い、マネージャー目線から見てもまるで姉妹のようでとても微笑ましかったです。また仕事に対しても真面目に取り組み、ディフェンスリーダーの須田と共にDRAGONSの勝利の為に何十時間と時間を費やしてきました。曽根がこの4年間で築いてきたディフェンスで最後の1秒まで守り抜いてほしいと思います。そして最高のバトンを後輩に託してくれると信じています!


 

【試合インフォメーション】
日時◾︎12月18日(土)
対戦相手◾︎和歌山大学 BLIND SHARKS

キックオフ▪13:30
会場◾︎EXPO FLASH FIELD

*入場無料
スタンド◾︎メインスタンド
観戦方法◾︎アメフトライブ 

文責 4回生主務 谷口舞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA