入替戦まであと5日!鶴田泉希からのメッセージ!

平素より、多大なるご支援とご声援をいただき誠にありがとうございます。

 

最終戦まで、あと5日です。

 

本日は、オフェンスアナライジングスタッフの鶴田泉希(4回生)です。

 


平素より、あたたかいご支援、ご声援ありがとうございます。4回生の鶴田泉希です。

アメフト未経験という立場からオフェンスのコーディネーターをすることになり、今までのコーディネーターよりも質の劣ることのないようにしなければいけないという責任をまず1番に感じました。初めは不安なことが多かったですが、こんな楽しいことをさせてもらえる自分はラッキーであり、今まで思ったように自分の力を発揮できなかった分をここから出せるチャンスだと考えました。
その中で、私がコーディネーターをすることの良さや、今までの3年間、ASとしてしてきたことをなんとかして最大限に活かすことを意識しました。

私自身、まだまだ足りない部分はあるかと思いますが、その実現にはこの一年、本当にたくさんの人の努力や支えがありました。
オフェンス幹部の岡村、中山、田見、辻村は私の未経験の部分をしっかりカバーし、たくさんの時間を共に過ごし努力して支えてくれたことで私がしたいことをしやすい環境を作ってくれていました。また、私がコーディネーターをすることになったと同時に、一緒に覚悟を決めたのはオフェンスASを共にしてきた坂本、伊東だったと思います。2人は泉希さんがプレーコールなどの勉強に集中できるようにします!と初めに言ってくれ、この一年でオフェンスASのトップとして責任を持って仕事をこなし、成長し、有言実行してくれました。また、ASの同期である曽根、谷山は私の頼りない部分を何度も助けてくれ、常に応援してくれていました。それらに加え、OBさんやコーチの方々、他大学のコーディネーターの方々など、たくさんの時間を割いて親身になってサポートしてくださったり、励ましの言葉をかけていただいた方々には心より感謝申し上げます。

しかし、体大戦、神学戦、兵県戦と0TDが続き、エンドゾーンまでボールを運ぶことが本当に遠く感じました。オフェンスユニットとしても、私個人としても、毎試合、不甲斐ない思いでいっぱいでした。しかし、京産戦でようやくTDを取れ、感謝されたり、多くの人達がドラゴンズの得点を心待ちにしていたことに気付かされました。次戦、因縁の相手、和歌山大学を倒すのはもちろん、会場を沸かすようなオフェンスをし、アメフトをたくさん楽しみたいと思います!応援の程、よろしくお願いいたします。

DRAGONS初の学生コーディネーターについて4回生で何度も話し合いました。本当にたくさんのプレッシャーの中での挑戦だったと思います。その中でも鶴田はこの1年間努力を続け、今では立派なオフェンスコーディネーターとなってくれました。
実際にプレーすることはできませんが、選手と同様にまた選手以上に勝利を望み、状況を冷静に判断できる、それがDRAGONSのアナライジングスタッフだと思います。
最終戦の最後の瞬間を最高の思い出にしてくれることを信じています!

 


 

【試合インフォメーション】
日時◾︎12月18日(土)
対戦相手◾︎和歌山大学 BLIND SHARKS

キックオフ▪13:30
会場◾︎EXPO FLASH FIELD

*入場無料
スタンド◾︎メインスタンド
観戦方法◾︎アメフトライブ 

文責 4回生主務 谷口舞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA