部員インタビューvol.3!我らがDRAGONSの主将、和下田健史の秋シーズン

こんばんは!大阪教育大学DRAGONSです。
本日は、オフェンスリーダーと主将を兼任する和下田健史(RB、#24)にインタビューを行いました!
是非ご覧ください!

​―――和下田選手のポジションである、RB(ランニングバック)内のイチオシ選手をお答えください!
​「2回生の三浦蓮(#10)と、同じく2回生の東祐輝(#28)です。三浦はエースRBとしてチームを引っ張る姿に期待しています。東は努力で実力を伸ばしているので、秋シーズンで力を発揮してくれることを期待しています!」
―――甲南大学戦が2日後に迫っています。意気込みを教えてください。
「「勝つ!!」という想いが強いチームが勝つと思います!甲南大学戦ではその想いを強く持って相手を圧倒します!応援よろしくお願いします!!」

 

―――最後に、主将としてチームメイトに一言お願いします!​​
「目指すは、Div.1昇格、それだけです!12月6日、この日行われる入れ替え戦に勝つまで秋シーズンを戦い抜こう!!」​
和下田選手は、オフェンスリーダーとして戦術面からチームが勝利するための方法を考えてきただけでなく、主将として、選手とマネージャーを合わせたDRAGONS全体を見渡し、DRAGONSのチームワークの向上を図ってきました。
​冷静に物事を分析する反面、チームの雰囲気が下がらないように、常にチームを鼓舞し続ける熱い人物です。
Div.1昇格の夢を叶えるその瞬間へとチームを導く頼れる主将の姿に今後ともご期待ください!
文責 4回生マネージャー 友渕可菜​
文責 友渕可菜​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA