明日、和歌山大学戦!深川博貴からのメッセージ!

平素より、多大なるご支援とご声援をいただき誠にありがとうございます。

 

ついに明日、最終戦です。

 

本日は、今年度主将を務めた深川博貴(4回生 #75  OL/DL)です。

 


平素よりドラゴンズへの温かいご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。今年度主将を務めさせていただいております、深川博貴です。

私は今まで主将は疎か、人の上に立つという経験を一度もしたことがありませんでした。都築さんや井原さんのように誰からも好かれ、背中で語れる人格者なわけでもなく、内田さんのように圧倒的な運動センスを持ち合わせているわけでもない。どうやってチームを引っ張るのか、どうしたら部員はついてきてくれるのか、自分がやりたいことは何なのか、この1年は主将のあり方についての苦悩と模索の連続でした。手探りで物事を進めて失敗もしました。キャプテン失格と厳しい言葉を投げかけられたこともありました。1人で思い詰めることも何度もありましたが、心の機微を察して温かく見守ってくれた家族をはじめ、先輩、同期、後輩、多くの人たちが支えてくれました。特に主務の谷口は、自分の仕事が多く忙しいのにも関わらず、幾度も相談に乗ってくれ、互いに信頼し理解してくれました。たくさんの人のおかげで、1年間主将を務めることができました。

今季は「OUT TO WIN」のスローガンのもとでDiv.1昇格を目標にしていましたが、敗戦、棄権が重なり、目標を達成することができなくなりました。そんな中で私たちがしなければならないことは、今季何としてでもDiv.2に残留し、来季に再び後輩たちが悲願のDiv.1昇格に挑戦できる場を残すことです。

スローガンの意味通り、明日の試合の勝利のためにできることは、全てやってきました。明日戦う和歌山大学は、私たちの代が入部する1年前、今季と同じくDiv.2-3の入替戦で戦って負けた因縁の相手。4年前の雪辱を晴らすため、後輩たちに今季叶わなかったDiv.1昇格を来季目指してもらうため、そして何より、後悔なく笑顔で引退するために、プレイヤー、スタッフ問わず全員で、全身全霊で試合に臨み勝利を掴み取ります。今季は、昨季叶わなかった会場での観戦が可能です。ぜひ会場に足を運んでいただき、勇姿を目に焼き付けていただきたいです。熱いご声援をよろしくお願いします。

深川は、本当にこの1年間悩みながらもチームの為に精一杯努力してくれました。

責任感が強くチームのことを1番に考えている彼だからこそ、たくさん悩んだと思います。

しかし彼は私がしんどいときも話を聞いてくれて、一緒に頑張ろうと言って支えてくれました。

そんな優しく信頼できる彼がいたから私もこの一年やり切ることが出来ました。

最後まで一緒にアメフトができて本当に嬉しく思います。あの時諦めないでよかったと心から思えるような最後を締めくくってほしいと思います。

 

明日の試合で、4回生は引退です。この1年、悔しい思い、悲しい思いをたくさんしてきました。その分、勝利への熱い思いを全員が持っています。今年のスローガンである「OUT TO WIN」を胸に刻み、今までの想いを全てぶつけ、気を抜くことなく、最後の1秒を最高の瞬間で迎えます。最後まで、熱い応援よろしくお願い致します。


 

【試合インフォメーション】
日時◾︎12月18日(土)
対戦相手◾︎和歌山大学 BLIND SHARKS

キックオフ▪13:30
会場◾︎EXPO FLASH FIELD

*入場無料
スタンド◾︎メインスタンド
観戦方法◾︎アメフトライブ

amefootlive.jp/kcafl-live/8138
文責 4回生主務 谷口舞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA